香港映画的雑談

こないだの「レッドブロンクス」に引き続きジャッキー作品の代表作とも言える「酔拳2」が深夜放送されてました。DVD持ってるけどしっかり録画しました(笑)

この映画は内容も勿論やねんけど俺様的にはキャスティングに感動したのよな。オカンは「レッドブロンクス」でも出演していたアニタ・ムイ、親父役が「男たちの挽歌」の主役を演じたティ・ロン。ハゲあがったオッさんですがカッコええのよね。

「男たちの挽歌」はメチャクチャ好きな映画やのよな。この映画はチョウ・ユンファが主役扱いになってるけど実際主役はティ・ロンやねんな。まぁ日本であんま知られてないからチョウ・ユンファがメインみたいな感じになってるんやろけどね。めっちゃカッコええキャラです。

さて内容に戻しますがラストにジャッキー演じるフェイフォンと闘った足技マスターの役者、ロウ・フォイクンですがジャッキー作品にこれでもかっつーぐらい出て来ます(笑)まぁジャッキー映画イコールカンフーアクションやしあんだけ凄いカンフー使いの役者がなかなかおらんねんやろなぁと。ただホンマしょっちゅう見掛けるけどね。「香港国際警察」では何故かスキンヘッドやしカンフー一切使わずに殺されてたけどな(笑)

香港映画は良いよね~…

Comments 0

Leave a reply