FC2ブログ

遊戯機本体的歴史

我が家のPS3、3DS、PS2、挙句スーパーファミコンまでもがブッ壊れてましてゲームやりたくても出来ないっつー切な過ぎる状況でして。

んでふと遥か昔にたった2本のゲームがやりたいだけで中古の本体買うたゲーム機があったなと思い出し家のクローゼットを漁り本体、コントローラー、ケーブル類を発見。そのゲーム機とは…

…歴史短し任天堂ゲームキューブ(笑)

大昔当時ゲームキューブでしかなかったソフト、バイオハザード1のリメイク版、バイオハザード0の2本がどうしてもやりたくて中古屋見に行ったら本体が1500円で売ってたので即買いしたのよな(笑)

久々にプレイしましたが昔のクリアデータが残ってたのでクリア特典の無限ロケットランチャー使って速攻でクリアしました(笑)何つーかね、物足りない…

任天堂てスーパーファミコン以降は歴史浅く次世代機移行しまくってるもんな。スーパーファミコンからNintendo64、ゲームキューブ、Wii、Wii U、switchて変わってるもんね。特に64、ソフト1本12000円ぐらいっつーとんでもないボッタクリ価格で本体ごと速攻売れへんなってたもんな(笑)

大昔のゲーム機で好きやったのはPCエンジンかな…あれのカトちゃんケンちゃんはいろんな意味で神ゲーやったな(笑)
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply